ISHIYAKU ONLINE NEWS

日歯次期会長に大久保氏【2013年2月13日配信】

予備選挙で4選目果たす

 日本歯科医師会の次期会長を実質決める会長予備選挙で、選挙人による郵送投票を2月8日午後2時に締め切った結果(1月28日に投票用紙を発送)、大久保満男現会長(静岡県)が609票を獲得し4選…
<続きを読む場合はログインして下さい>

 ANOTHER NEWS

●フォト・ニュース


【2017年3月21日配信】 今年は「臨床のヒント」がテーマ ICD日本部会が第47回冬期学会で学術講演

平成29年3月12日、東京・千代田区の日本歯科大学・生命歯学部・九段ホールで、ICD(国際歯科学士会)日本部会による第47回冬期学会が開催された…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2017年3月18日配信】 平成29年度予算など決める 役員報酬改定で議論
神奈川県歯連盟が評議員会

神奈川県歯科医師連盟(富田篤会長)は3月9日、横浜市中区の神奈川県歯科医師会館大会議室で第36回評議員会を開き、西村まさみ神奈川県後援会の解散や平成29年度の事業計画(案)、会費賦課並びに収納方法、一般会計収入支出予算(案)など4議案が上程され、すべてが原案どおり可決成立した…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2017年2月26日配信】 次期会長も堀氏 日歯・会長予備選挙の結果

日本歯科医師会の平成29年6月から2年間を任期とする次期会長を決める予備選挙が2月17日に開票された。すでに候補者が現会長の堀憲郎氏だけであったが、代議員と選挙人の638人の選挙権者による投票が行われ、堀氏が594票を獲得した。投票総数605票(2月17日午後2時到着分)のうち無効投票数が11票で、堀氏は選挙権者から93.1%の支持が得られた結果となった…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2017年1月25日配信】 中医協総会―在宅医療で議論 診療側・松原委員「複数の医療機関からの訪問診療認めてほしい」
遠藤委員「在宅歯科診療普及には各地域の連携病院歯科の位置づけが重要」

1月11日に厚生労働省において、第124回薬価専門部会、第45回調査実施小委員会、第343回総会が開催された。総会では平成30年度診療報酬改定に向け、「在宅医療」に関する総論的な議論が行われた…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2017年1月1日配信】 2017年・年頭所感 塩崎厚労大臣・横倉日医会長・堀日歯会長・高橋日歯連盟会長・杉岡日技会長

2017年の新年にあたり、厚生労働省および医療関係各団体の代表が年頭所感を発表した。塩崎恭久厚生労働大臣、横倉義武日本医師会会長、堀憲郎日本歯科医師会会長、高橋英登日本歯科医師連盟会長、杉岡範明日本歯科技工士会会長の年頭所感全文を掲載する…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●2017年のニュースをもっと見る●過去のニュースを見る

●テキスト・ニュース


日本歯科医師会の平成29年6月から約2年間を任期とする次期執行部を担う理事候補者の届出が、4月26日に締め切られた…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2017年2月1日配信】 日歯連盟をめぐる政治資金規正法違反容疑 湯沢元常任理事が証人として出廷―資金移動の手法を考案したのは「村田氏であると推測できる」
村田前副理事長の3回目公判

政治資金規正法違反の疑いで東京地検特捜部から起訴された元日本歯科医師連盟副理事長の村田憙信氏の第3回目の公判(前田巌裁判長)が平成29年1月18日、東京地方裁判所第718号法廷で開かれた。
 今回は証人として平成21年4月から同元日歯連盟常任理事の湯沢清孝氏が出廷した…
<続きを読む場合はログインして下さい>

厚生労働省は12月20日、平成27年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況(概況)についてを公表した…
<続きを読む場合はログインして下さい>

日本、ロシア両政府が、12月15日に山口県で開かれた安倍晋三首相とプーチン大統領の首脳会談に合わせて2国間関係を一段と強化していくため、エネルギーの分野など8項目の経済協力プランに基づいた政府間の覚書などを交わした。経済協力プランは、政府間で12件、民間で68件の計80件で協力を進め、民間の合意案件の投融資規模は総額3000億円に上るという…
<続きを読む場合はログインして下さい>

政治資金規正法違反の疑いで東京地検特捜部から起訴された元日本歯科医師連盟副理事長の村田憙信氏の初公判(前田巌裁判長)が12月7日、東京地方裁判所第718号法廷で開かれた…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●2017年のニュースもっとを見る●過去のニュースを見る

●プレミアム・ニュース<記事全文が読める特別ニュース>


【2016年11月17日配信】 ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー 著名人部門は俳優の松坂桃李さんとリオオリンピック銅メダルの三宅宏実さん

日本歯科医師会(堀憲郎会長)は11月8日、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2016授賞式を東京・丸の内のシャングリ・ラホテル東京で開催した。著名人部門では俳優の松坂桃李さん、リオデジャネイロオリンピック女子ウエイトリフティング銅メダリストの三宅宏実さんが受賞した。また、全国から募集したスマイルフォトコンテストには5281点の応募作の中から審査の結果、8点の作品が入賞し、その内、岸本浩加さんの作品「福笑い」がグランプリに輝いた。

受賞者に記念品を手渡す日歯・堀憲郎会長 受賞者に記念品を手渡す審査委員長の浅井愼平氏 受賞者に記念品を手渡すロッテ・河合克美副社長
▲受賞者に記念品を手渡す(左から日歯・堀憲郎会長、審査委員長の浅井愼平氏、ロッテ・河合克美副社長)

ロッテの協賛により

ベストスマイルに輝いた三宅宏実さん(左)と松坂桃李さん(右) 日歯が平成5(1993)年から実施しているベストスマイル・オブ・ザ・イヤーは今年で23回目を迎えた。スマイルフォトコンテストは今年も6月4日から9月23日まで募集していた。また、その年、もっとも笑顔が輝いている文化人・著名人部門は日歯会員の投票により表彰している。
 著名人部門で受賞した松坂さんと三宅さんには、日本歯科医師会の堀憲郎会長から表彰状と記念の盾、PRキャラクター「よ坊さん」のぬいぐるみが、そして協賛企業のロッテの河合克美副社長から副賞が贈られた。松坂さんは「こうして素晴らしい賞をいただけたのは親のおかげ」と述べた。三宅さんも受賞を「本当にうれしい」と喜びを語った。

◆「スマイルフォトコンテスト」グランプリ作品

岡山県・岸本浩加さん「福笑い」

◆「スマイルフォトコンテスト」受賞作品

新潟県・手島岱月さん「今年も稲刈り終わったねー」 新潟県・若槻美砂子さん「兄ちゃんに勝って金メダル!」 長野県・宮沢干春さん「勝った!」 大阪府・大井増加さん「僕と雪だるま」 大阪府・山田絵美さん「お祝いだらけ王様の笑顔」 岡山県・河口毅さん「積もる話」 広島県・橘川春海さん「芋の子を洗う」

●プレミアム・ニュースをもっと見る

●訃報記事


柴田勝氏(しばた・まさる=現栃木県歯科医師会会長)が5月31日逝去した。享年72歳。葬儀等については近親者のみで執り行われた。ご遺族のご意向により、供花・供物・香典はご辞退されており、弔電については栃木県歯科医師会(〒320-0047 栃木県宇都宮市一の沢2丁目2番5号 TEL028-648-0471、FAX028-648-8149)で受け付けている。また、後日、栃木県歯科医師会として会葬が執り行われる。柴田氏は昭和18年8月26日生まれ。日本歯科大歯学部卒業。
 日本歯科医師会代議員(平成15年4月~同18年3月、同21年4月~同27年6月)、栃木県歯科医師会会長(平成21年4月~現在)、日本歯科医師会副会長(平成27年6月~同28年3月)など歴任した。

●訃報記事をもっと見る

●1489コラム「ズームアップ」


国際サッカー連盟(FIFA)をめぐる汚職事件で、FIFAの関係者が逮捕され、それから1週間後にFIFAの会長選挙が行われ、批判が渦巻くなかで、ゼップ・ブラッター会長が5期連続で会長に選出された。しかし、その4日後、ブラッター会長も米司法当局の捜査対象になっていることが判明し「辞任すべき」と非難の声を数多浴びた末、同会長は辞任を表明した。世界中のサッカー関係者やサポーターが一日も早い事件の全容解明を見守っている…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●1489コラム「ズームアップ」をもっと見る

●辛口コラム「時論草論」


ここ数日は、傾いたマンションの建築偽装問題が騒がれている。
 目に見えない地中の構造であったが、上物が傾き出して露見したものである。販売会社、設計監理会社、施工会社は素早い対応を取り、苦慮している最中だ…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●辛口コラム「時論草論」をもっと見る

 MEMBERS LOGIN

ID

PASS

パスワードを忘れたら

ユーザー情報を変更する

ログインパスワードやメールアドレスの
修正・変更が出来ます。

 NEWS SEARCH
 SPECIAL CONTENTS

★プレミアム・ニュース「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」