ISHIYAKU ONLINE NEWS

鶴見大学歯学部 総持寺で「歯の塚」供養【2017年6月13日配信】

神奈川県歯科医師会 会員提供の抜去歯牙、県民の健康保持増進を願い奉納
歯と口の健康週間にちなみ毎年開催


 大本山總持寺参道横の鶴見大学構内に建立されている「歯の塚」で6月2日、治療などで抜かれた歯の供養をする歯の塚供養が行われた。
 歯の塚は、神奈川県歯科医師会が昭和40(1965)年に建立したもので、毎年、6月4日~10日までの歯と口の健康週間にちなんで供養が行われている。
 当日は、神奈川県歯や鶴見区歯科医師会役員、鶴見大学教員、歯学部および歯科衛生科学生ら約100人が参加し、総持寺の僧侶が読経する中、焼香をした。

鶴見大学の大山喬史学長大山喬史学長は「曹洞宗を開かれた道元禅師は、坐禅をすることだけが修行ではなく、掃除をすることや食事をいただくこと、さらには歯を磨くことも大切な修行であると、明確に説いている。つまり、歯磨きなどの生活全てが仏道修行だと言うことである。これは、歯の健康が全身の健康や生活の質と密接に繋がっていることを端的に示している。どんな禅僧でも、歯が痛ければ修行に集中することなどできないし、一流のアスリートでさえ、歯のバランスが崩れるだけで能力を発揮できなくなる。だからこそ、本日参列している学生諸君には、これを機会に歯と口の健康に思いを馳せ、それを支える歯科医療に携わる者としての自覚を一層高めてもらいたいと思う」とあいさつした。
鈴木駿介会長 また、神奈川県歯科医師会の鈴木駿介会長は次のようにあいさつした。
「本年もここに歯塚供養が執り行われるにあたり、神奈川県歯科医師会の多くの会員が提供した抜去歯牙を、県民の方々の健康保持増進を願い、奉納させていただいた。私ども、歯科医師会は、80歳になっても20本の歯を残そうという8020運動を掲げ、歯科治療や口腔ケアだけでなく、生活習慣や食生活、食育を含めた広い分野において、県民への歯科保健に深く携わってきた。健康に長寿を全うするために、また人生最期まで、好きなものを美味しく食べるためには、口腔の機能、特に咀嚼や嚥下機能を維持することは大変重要である。本来なら、口の中で咀嚼という大切な役割を果たすべき歯牙が、齲蝕や歯周病などにより、やむを得ず抜去しなければならなくなったことを考えると、私ども歯科医師自らが丁重に供養することで、広く県民の方々にも歯や歯科保健衛生の重要性を改めて認識していただけるのではないかと思っている。同時に歯科医師会としては、できるだけ多くの歯牙が抜歯されることなく天寿を全うできるように、歯科保健の普及啓発と歯科治療のさらなる向上に向けて、決意を新たにしている」
 「昨年、神奈川県歯科医師会は創立110周年を迎えることができたが、この歯塚は、遡ること52年前の昭和40年に、本会創立40年周年を記念して、ここ曹洞宗大本山總持寺境内に、全国の都道府県歯科医師会として初めて建立された。歯塚供養は、この年の10月16日に初めて行われ、以来毎年開催されているが、この間歯塚供養の開催にご尽力いただいた總持寺はじめ関係各位に対して、心から敬意を表すと共に重ねて御礼を申し上げる」
塚に向かって手を合わせる参加者 「鶴見大学と神奈川県歯科医師会は、昨年6月3日の歯塚供養の日に、包括連携協定を結んだ。災害時、保健・福祉・医療、学術、医事処理・医療安全など9つに亘る分野で連携し、お互いの協力のもと、県民が安全で安心して暮らせる社会創りに寄与することを主な目的としている。すでに、学術講演や医事処理での専門分野からの派遣、さらには、歯学部学生への講義などでご協力をいただき、活動しているところでありますが、今後は超高齢社会における医療・介護・福祉の様々な課題に対応するための、地域包括ケアシステムの構築に向けて双方の連携をより緊密にしていかなければならない。地域包括ケアの推進に当たり、その中心的な役割を担う鶴見大学の関係各位におかれては、県民の歯科保健医療のさらなる充実・向上のため、より一層のご尽力をお願いしたい」  終

 ANOTHER NEWS

●フォト・ニュース


【2019年9月18日配信】 福歯大同窓会 宮口会長が辞任 参院選・比嘉選挙敗戦で責任取る

7月21日に投開票された参議院議員選挙に落選した比嘉奈津美元衆院議員(沖縄県開業、福岡歯科大学卒)の選挙対策本部長を務めた宮口嚴氏(福歯大同窓会会長)が選挙後、敗戦の責任を取り辞表を提出していたが、9月8日の臨時理事会で反対意見はあったもののこれが了承された…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2019年9月14日配信】 FDIサンフランシスコ大会 平野裕之氏が教育委員会委員に再選
将来を見据えた日本の歯科医療ビジョンを発信 日歯代表団

9月2日(現地時間)から米国のサンフランシスコで開催している第107回FDI(世界歯科連盟)世界歯科大会に参加している日本歯科医師会代表団は会期中、総会や公式行事への出席はもとより、7カ国歯科医師会会議やドイツ、フランスの歯科医師会と個別に懇談等を行うなど精力的に活動した…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2019年9月7日配信】 第107回FDIサンフランシスコ大会で日歯代表団 「スポーツドリンク摂取指導」や「AMR対策取り組み状況」など示す
各国が抱える課題をについて意見交換

9月4~8日までの5日間、米国のサンフランシスコで開催されている第107回FDI(国際歯科連盟)世界歯科大会に臨む日本歯科医師会代表団は、9月2日(現地時間)午前の7カ国歯科医師会会議(日本、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国)で、各国の課題について情報交換した…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2019年6月28日配信】 歯科代表 遠藤氏に変わり林氏が委員に就任 「国民に資する歯科診療報酬になるよう取り組む」中医協総会

中央社会保険医療協議会の診療側委員を4年間努めた遠藤秀樹日本歯科医師会副会長が6月12日の総会をもって退任し、かわりに林正純日歯常務理事が26日の総会から委員に就任した…
<続きを読む場合はログインして下さい>

今年1月、千葉県野田市で10歳の女の子が虐待の末に死亡した事件はまだ記憶に新しいが、千葉県歯科医師会(砂川稔会長)は今年度から県内すべての児童相談所(県立6カ所、千葉市立1カ所)で、嘱託歯科医師により月1回、一時保護児童の歯科健診及び口腔内保清指導を実施している…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●2019年のニュースをもっと見る●過去のニュースを見る

●テキスト・ニュース


【2019年10月11日配信】 台風19号への対応で日歯 都道府県歯を中心に事前に連携開始

大型で非常に強い台風19号の接近にあたって日本歯科医師会では11日午前9時、現在の「令和元年8月大雨・台風15号災害対策本部」を拡大し、台風の進路にあたる都道府県歯科医師会を中心に事前に連携を開始した…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2019年6月13日配信】 「歯科保健医療提供体制の構築に取り組む」 経済財政諮問会議で骨太の方針の原案示す

政府は11日、経済財政諮問会議を開き、経済財政運営の指針である「経済財政運営と改革の基本方針2019(骨太の方針2019)の原案をまとめた。就職氷河期世代への集中支援や、働いて一定額の収入がある60歳以上の年金を減額する在職老齢年金制度について将来的な廃止も含めて在り方を検討することなどを打ち出したが、社会保障の高齢者の負担増などは明記されていない。
 一昨年の骨太の方針2017で初めて歯科についての記述が入り、翌年の2018では「医科歯科連携の推進」が盛り込まれた…
<続きを読む場合はログインして下さい>

臨時国会が12月10日に閉会した。今国会で成立した医療関連の法律は「循環器病対策基本法」「成育基本法」「改正造血幹細胞移植推進法」の3つだが、このうち「成育過程にある者及びその保護者並びに妊産婦に対し必要な成育医療等を切れ目なく提供するための施策の総合的な推進に関する法律」(成育基本法)は、同8日の参議院本会議で全会一致で可決成立した…
<続きを読む場合はログインして下さい>

東海信越地区歯科医師会は8月8日、次期日本歯科医師会会長予備選挙候補について現日歯会長の堀憲郎氏(新潟県)を推薦することを決定した。堀氏は、6月30日の近畿北陸地区歯科医師会会長会議や7月中旬の九州地区連合歯科医師会からの続投要請に答える形で、8月4日に大分市で開催された九州地区連合歯科医師会が開催した協議会での講演後、続投の意思表示をしていた…
<続きを読む場合はログインして下さい>

厚生労働省保険局医療課医療指導監査室は6月26日、「保険診療における指導・監査の集団指導用資料」の平成30年度版を同省ホームページに掲載している…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●2019年のニュースもっとを見る●過去のニュースを見る

●プレミアム・ニュース<記事全文が読める特別ニュース>


【2018年12月11日配信】 日歯製作の映画『笑顔の向こうに』 第16回モナコ国際映画祭でコンペティション部門最優秀作品賞に

日本歯科医師会(堀憲郎会長)の全面協力で制作された映画『笑顔の向こうに』(来年2月15日公開)が、12月3~7日までモナコ・モンテカルロで開催された「第16回モナコ国際映画祭」コンペティション部門で「エンジェルピースアワード」(最優秀作品賞)を受賞、さらに出演の丹古母鬼馬二が助演男優賞を受賞した。モナコ国際映画祭は、モンテカルロで2003年から開催されている非営利、無党派、インディペンデントの国際映画祭で、カンヌ国際映画祭 、ベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭の世界三大映画祭に次ぎ有名な国際映画祭だという。この映画は、歯科医療をテーマとする青春ドラマ。〝王子〟と呼ばれる若手歯科技工士・大地(高杉真宙)と、大地の幼なじみで新人歯科衛生士の真夏(安田聖愛)を中心にした、歯科医療の現場をテーマに若者たちの成長を描いた心温まる青春感動ストーリー。
 主演の高杉真宙は、2018年映画『世界でいちばん長い写真』『虹色デイズ』『ギャングース』、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』やドラマ「セトウツミ」など主演を多数務め、舞台「新感線☆RS"メタルマクベス"disc3」などドラマ・映画・舞台と話題作に出演している。また、ヒロインの安田聖愛は、第35回ホリプロタレントスカウトキャラバンオーディション2010でグランプリを受賞後、バラエティからホラーまで多ジャンルの映画に出演し、「龍角散」や「東京メトロ」のCMに出演している。
第16回モナコ国際映画祭でコンペティション部門最優秀作品賞に その他、辻本祐樹、西方凌、濱田英里、ayanonono、木村祐一、池田鉄洋、佐藤藍子、聡太郎、阿部祐二、善知鳥いお、中村昌也、阿部桃子、大出俊、熊切あさ美、藤田朋子、丹古母鬼馬二、大平サブロー、児島美ゆき、中山秀征(特別出演)秋吉久美子、松原智恵子など実力派俳優が脇を固め、物語に味わいを加えている。
 主題歌は、手話を取り入れた日本の人気急上昇男性ボーカル&パフォーマンスグループHANDSIGNの「ふたりのサイン」。監督は、ニューヨークにて映像やアートの制作に携わり活躍してきた榎本二郎氏が務めている。
 主演の高杉は「日本の作品がこうやって海外の皆さん、いろんな方に見てもらえるのはうれしいこと。これからもたくさんの作品に出演して、またこうやって呼んでもらえる作品に出合っていきたいなって思います」「歯科技工士を知らなかった自分が演じることで、たくさんの人に伝わって、(見た人の職業の)選択肢として増えたらうれしいと思います。映画はうれしい出発になった。いいスタートを切って、これからも映画と一緒に頑張っていきたいと思います」と、日本公開に向けて意気込みを語っている。

 根本厚労大臣も受賞を称賛

 根本匠厚生労働大臣は12月7日の閣議後の会見で、日本歯科医師会が製作した映画『笑顔の向こうに』のグランプリ受賞について次のように語った。
 「私の方から一つ、日本歯科医師会制作の映画『笑顔の向こうに』のグランプリ受賞についてお話をします。日本歯科医師会と厚生労働省が協力して推進している、80歳になっても20本以上自分の歯を保つという『8020運動』が30周年を迎えました。この記念事業の一環として、日本歯科医師会が制作し、厚生労働省も推薦している映画、『笑顔の向こうに』が、この度、第16回モナコ国際映画祭でグランプリを受賞しました。この映画は、歯科医療の現場を支える歯科技工士や歯科衛生士を主役とした映画と聞いております。こういったことも契機に、国民の歯と口の健康に対する意識が高まり、歯科口腔保健のさらなる推進が図られることを期待しています」

 映画『笑顔の向こうに』は、2019年2月15日(金)から全国のイオンシネマで公開される。
原案・製作総指揮:瀬古口精良
監修:8020運動30周年記念事業映画製作チーム
エグゼクティブプロデューサー:井内徳次
プロデューサー:藤原健一
ラインプロデューサー:石川二郎
脚本:川﨑龍太 音楽:フジパシフィックミュージック 音楽監修:上阪伸夫
主題歌:HANDSIGN「ふたりのサイン」(ユニバーサルミュージック)
撮影:ふじもと光明 照明:江川斉 録音:松島匡 衣装:佐藤友美 荒川小百合 ヘア・メイク:高村みこ
美術:矢部義明 スチール:中居挙子
制作:テンダープロ 配給:テンダープロ/プレシディオ
製作:公益社団法人日本歯科医師会
監督:榎本二郎
(文中・敬称略)

●プレミアム・ニュースをもっと見る

●訃報記事


元東京都歯科医師会会長・元日本歯科医師会常務理事の鶴巻克雄氏が9月18日、死去した。88歳だった。葬儀は、故人並びにご遺族の意思により近親者のみで9月22日に緑会館第一式場(東京都西東京市田無)にて執り行われた。喪主は妻の久子氏。後日、「偲ぶ会」を執り行う予定。鶴巻氏は昭和6年6月30日生まれ(享年88歳)。日本大学歯学部卒業。まで日本歯科医師会常務理事(昭和43(1968)年4月~同45年3月、同51(1976)年4月~同52年1月、同55(1980)年4月~同57年3月)、日本歯科医師会理事(昭和57年4月~昭和60年3月)、東京都歯科医師会会長(平成5年4月~平成9年3月)を歴任、昭和59年から同61年までFDI(国際歯科連盟)理事、同副会長(平成4~7年)、同次期会長(平成7~9年)、平成9(1997)年から同11年までは会長を務めた。

●訃報記事をもっと見る

●1489コラム「ズームアップ」


国際サッカー連盟(FIFA)をめぐる汚職事件で、FIFAの関係者が逮捕され、それから1週間後にFIFAの会長選挙が行われ、批判が渦巻くなかで、ゼップ・ブラッター会長が5期連続で会長に選出された。しかし、その4日後、ブラッター会長も米司法当局の捜査対象になっていることが判明し「辞任すべき」と非難の声を数多浴びた末、同会長は辞任を表明した。世界中のサッカー関係者やサポーターが一日も早い事件の全容解明を見守っている…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●1489コラム「ズームアップ」をもっと見る

●辛口コラム「時論草論」


ここ数日は、傾いたマンションの建築偽装問題が騒がれている。
 目に見えない地中の構造であったが、上物が傾き出して露見したものである。販売会社、設計監理会社、施工会社は素早い対応を取り、苦慮している最中だ…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●辛口コラム「時論草論」をもっと見る

 ISHIYAKU VIDEO HEADLINE
日歯製作の映画『笑顔の向こうに』が第16回モナコ国際映画祭でコンペティション部門最優秀作品賞に
 MEMBERS LOGIN

ID

PASS

パスワードを忘れたら

ユーザー情報を変更する

ログインパスワードやメールアドレスの
修正・変更が出来ます。

 NEWS SEARCH
 SPECIAL CONTENTS

★プレミアム・ニュース「日歯製作の映画『笑顔の向こうに』」