ISHIYAKU ONLINE NEWS

鶴見大学歯学部 総持寺で「歯の塚」供養【2017年6月13日配信】

神奈川県歯科医師会 会員提供の抜去歯牙、県民の健康保持増進を願い奉納
歯と口の健康週間にちなみ毎年開催

 大本山總持寺参道横の鶴見大学構内に建立されている「歯の塚」で6月2日、治療などで抜かれた歯の供養をする歯の塚供養が行われた。
 歯の塚は、神奈川県歯科医師会が昭和40(1965)年に建立したもので、毎年、6月4日~10日までの歯と口の健康週間にちなんで供養が行われている。
 当日は、神奈川県歯や鶴見区歯科医師会役員、鶴見大学教員、歯学部および歯科衛生科学生ら約100人が参加し、総持寺の僧侶が読経する中、焼香をした。

鶴見大学の大山喬史学長大山喬史学長は「曹洞宗を開かれた道元禅師は、坐禅をすることだけが修行ではなく、掃除をすることや食事をいただくこと、さらには歯を磨くことも大切な修行であると、明確に説いている。つまり、歯磨きなどの生活全てが仏道修行だと言うことである。これは、歯の健康が全身の健康や生活の質と密接に繋がっていることを端的に示している。どんな禅僧でも、歯が痛ければ修行に集中することなどできないし、一流のアスリートでさえ、歯のバランスが崩れるだけで能力を発揮できなくなる。だからこそ、本日参列している学生諸君には、これを機会に歯と口の健康に思いを馳せ、それを支える歯科医療に携わる者としての自覚を一層高めてもらいたいと思う」とあいさつした。
鈴木駿介会長 また、神奈川県歯科医師会の鈴木駿介会長は次のようにあいさつした。
「本年もここに歯塚供養が執り行われるにあたり、神奈川県歯科医師会の多くの会員が提供した抜去歯牙を、県民の方々の健康保持増進を願い、奉納させていただいた。私ども、歯科医師会は、80歳になっても20本の歯を残そうという8020運動を掲げ、歯科治療や口腔ケアだけでなく、生活習慣や食生活、食育を含めた広い分野において、県民への歯科保健に深く携わってきた。健康に長寿を全うするために、また人生最期まで、好きなものを美味しく食べるためには、口腔の機能、特に咀嚼や嚥下機能を維持することは大変重要である。本来なら、口の中で咀嚼という大切な役割を果たすべき歯牙が、齲蝕や歯周病などにより、やむを得ず抜去しなければならなくなったことを考えると、私ども歯科医師自らが丁重に供養することで、広く県民の方々にも歯や歯科保健衛生の重要性を改めて認識していただけるのではないかと思っている。同時に歯科医師会としては、できるだけ多くの歯牙が抜歯されることなく天寿を全うできるように、歯科保健の普及啓発と歯科治療のさらなる向上に向けて、決意を新たにしている」
 「昨年、神奈川県歯科医師会は創立110周年を迎えることができたが、この歯塚は、遡ること52年前の昭和40年に、本会創立40年周年を記念して、ここ曹洞宗大本山總持寺境内に、全国の都道府県歯科医師会として初めて建立された。歯塚供養は、この年の10月16日に初めて行われ、以来毎年開催されているが、この間歯塚供養の開催にご尽力いただいた總持寺はじめ関係各位に対して、心から敬意を表すと共に重ねて御礼を申し上げる」
塚に向かって手を合わせる参加者 「鶴見大学と神奈川県歯科医師会は、昨年6月3日の歯塚供養の日に、包括連携協定を結んだ。災害時、保健・福祉・医療、学術、医事処理・医療安全など9つに亘る分野で連携し、お互いの協力のもと、県民が安全で安心して暮らせる社会創りに寄与することを主な目的としている。すでに、学術講演や医事処理での専門分野からの派遣、さらには、歯学部学生への講義などでご協力をいただき、活動しているところでありますが、今後は超高齢社会における医療・介護・福祉の様々な課題に対応するための、地域包括ケアシステムの構築に向けて双方の連携をより緊密にしていかなければならない。地域包括ケアの推進に当たり、その中心的な役割を担う鶴見大学の関係各位におかれては、県民の歯科保健医療のさらなる充実・向上のため、より一層のご尽力をお願いしたい」  終

 ANOTHER NEWS

●フォト・ニュース


【2018年5月20日配信】 川本会長「長年の念願叶う」 日本学校歯科医会の記者会見で

平成30年4月18日、東京・市ヶ谷の日本歯科医師会館で、日本学校歯科医会(川本強会長)が記者会見を開いた。
 この中で日学歯は、①中学校の健康教育の中に歯科保健教育が取り入れられたこと、②健康保険に学齢期の口腔機能に関する事項が取り入れられたことなどを、「喜ばしい報告」(川本会長)として明らかにし、日学歯による長年の活動の成果を強調した…
<続きを読む場合はログインして下さい>

政治資金規正法違反(虚偽記載、量的制限超過)の疑いで東京地検特捜部から起訴されていた元日本歯科医師連盟副理事長の村田憙信氏への判決が1月22日、東京地方裁判所で行われ、前田巌裁判長は、禁錮2年、執行猶予3年(求刑・禁錮2年6月)の有罪判決を言い渡した。村田氏弁護人の石田省三郎弁護士は判決内容について「きわめて不服」だとし、判決理由を精査し控訴するかどうかを判断するという…
<続きを読む場合はログインして下さい>

日本歯科医師連盟の迂回寄付などで、政治資金規正法違反(虚偽記入、量的制限超過)の罪に問われている会計担当だった村田憙信元副理事長(72)の論告求刑公判が10月24日、東京地方裁判所(前田巌裁判長)で開かれ、証拠調べの結果に基づいて、検察側が意見を述べた…
<続きを読む場合はログインして下さい>

内閣府は11月3日に平成29年秋の褒章・勲章受章者を発表した…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2017年9月26日配信】 若者たちへ向けて歯科医師の活動を歌と映像に 『シカ医のうた~その先にある笑顔を守りたい。~』
日歯がWEBムービー制作

日本歯科医師会(堀憲郎会長)はこのほど、WEBムービー『シカ医のうた~その先にある笑顔を守りたい。~』を制作、9月26日より公開している…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●2018年のニュースをもっと見る●過去のニュースを見る

●テキスト・ニュース


厚生労働省保険局医療課医療指導監査室は6月26日、「保険診療における指導・監査の集団指導用資料」の平成30年度版を同省ホームページに掲載している…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2018年7月4日配信】 近畿北陸地区歯科医師会・歯科医師連盟会長会議 次期参院選比例区・高橋進吾氏の推薦決める
堀日歯会長、高橋日歯連盟会長の推薦も

大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県、福井県、富山県、石川県の2府7県の歯科医師会で構成する近畿北陸地区歯科医師会・歯科医師連盟の会長会議(当番県・石川県歯科医師会=蓮池芳浩会長)が6月30日、京都市内で開催され、来年夏の次期参院選の比例区に立候補を予定している兵庫県歯および同連盟会員の高橋進吾氏(現・兵庫県議会議員)の推薦を決めた…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2018年6月7日配信】 骨太の方針の原案を協議 第8回経済財政諮問会議 社会保障費の伸びに対する抑制の数値目標を定められず
「地域における医科歯科連携の構築」など明記

政府は6月5日の平成30年第8回経済財政諮問会議で経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)の原案について協議した。新たな財政健全化計画では、平成37(2025)年度に基礎的財政収支(プライマリーバランス=PB)を黒字化する目標を明記したが、平成31~33年度の社会保障費の伸びに対する抑制の数値目標を定められなかった…
<続きを読む場合はログインして下さい>

政府は12月22日の閣議で、現在訓令室である歯科口腔保健推進室を省令室に昇格することを決定した。
 歯科口腔保健推進室は、平成23年8月施行の歯科口腔保健の推進に関する法律のもと、国民保健の向上に寄与するため、歯科疾患の予防等による口腔の健康の保持の推進に関する施策の総合的な推進に向けて、基本的な事項の策定、財政上の措置、全国の口腔保 健支援センターの普及等の役割を担っている…
<続きを読む場合はログインして下さい>

【2017年6月23日配信】 日歯新役員決まる―第185回代議員会 「歯科医療に対する国民的な理解と期待が膨らんでいる時期」
「改革マインドを忘れず、チャレンジ精神を発揮して創造性豊かな会務執行を」
堀会長が新執行部で抱負

日本歯科医師会(堀憲郞会長)は6月15・16日、東京・市ヶ谷の歯科医師会館で第185回定時代議員会を開いた。第3号議案の「理事選任の件」では堀会長ら24名の理事候補が出席代議員総数138名の挙手による採決で理事候補の全員が過半数の信任票を得て決定した。16日の代議員会終了後に第1回理事会を開き理事者の互選により堀氏が会長に就任、同時に新理事の役職が決められた(資料)
 また、第4号議案「監事選任の件」も定数である3氏、豊嶋健治氏、山口勝弘氏、澁谷國男氏の候補者が承認された…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●2018年のニュースもっとを見る●過去のニュースを見る

●プレミアム・ニュース<記事全文が読める特別ニュース>


【2017年6月13日配信】 京都府歯科医師会主催イベント「歯のひろば」で今年も表彰式 第34回京都府歯科保健文化賞・平成29年度親と子のよい歯のコンクール
よしもと芸人らによる歯の健康トークショーも

京都府歯科医師会(安岡良介会長)は6月4日、京都市内の京都市勧業館(みやこめっせ)で毎年恒例のイベント「歯のひろば」を開催、この中で「第34回京都歯科保健文化賞」ならびに「平成29年度親と子のよい歯のコンクール」の表彰式を行った。また、京都府歯の役員らがよしもと芸人などのゲストを迎え、脱線気味のおしゃべりを繰り広げるお馴染みの「歯の健康トークショー」も例年どおり行われた。京都府歯主催によるイベント「歯のひろば」では毎年、歯の健康相談・歯みがき指導・パネル展示・入れ歯のいろいろ展示・口腔内細菌検査などのほか、企業を含む歯科関係団体の展示や京都歯科医療技術専門学校の紹介などを行っている。

イベント「歯のひろば」で賑わう各ブースの様子 イベント「歯のひろば」で賑わう各ブースの様子
▲イベント「歯のひろば」で賑わう各ブースの様子

 中でも、子供たちに大人気の「ぬいぐるみ劇」「デンタレンジャーショー」「それいけ!アンパンマンショー」や、若い親たちに好評の吉本若手芸人らによる「よしもと漫才ライブ」は、大変な数の親子連れが席を確保しようと押し寄せる大盛況ぶりを見せており、「歯のひろば」が市民と歯科界の接点として貴重な機会となっている。

よしもと漫才ライブ それいけ!アンパンマンショー
▲人気のよしもと漫才ライブ(左)と、それいけ!アンパンマンショー(右)

京都府歯・安岡良介会長 表彰式に先立ち、京都府歯の安岡良介会長があいさつを行い、「奇しくも本日は6月4日。昔は『虫歯の日』と言っていたが、(現在は)6月4日から10日までの間を『歯と口の健康週間』として、習慣的に取り扱うことになっている。これを機に皆さんも歯の健康を考えてもらえれば有難い」と述べた。
 続けてこの日列席した京都府歯科保健文化賞を後援する京都府、京都市、京都新聞、KBS京都、京都銀行の関係者らへ謝意を表し、京都府歯科保健文化賞創設の来歴を述べた上で、今回の受賞者の功績や幼児期の子どもの歯の健康を守るための親たちの努力を称えた。
 「京都府歯科保健文化賞」は「京都府内において地域社会の歯科保健衛生の向上に優れた業績のあった個人および団体」を表彰するもので、昭和58年に京都府歯が「第35回保健文化賞」を受賞したことを記念し、京都府・京都市・京都新聞社・KBS京都・京都銀行のほか、故・前田勝氏ならびに同喜代子夫人の後援を得て、京都における歯科保健の向上を目指して創設することになったという。
 また、「親と子のよい歯のコンクール」は「健康な歯を持った3歳児とその親」を対象に表彰するもので、「京都府歯科保健文化賞」と共に回を重ねて恒例となっている。
 来賓には山田啓二京都府知事代理の松村淳子氏(京都府健康福祉部長)、門川大作京都市長代理の別府正弘氏(京都市保健福祉局「健康長寿のまち・京都」推進担当局長)らが出席し、安岡会長と共に、受賞者へ賞状および記念品を手渡した。なお、今年の受賞者は次のとおり。

【第34回京都府歯科保健文化賞】
●団体の部
 京都市立葵小学校 代表者・市村淳子校長
 綾部市立東八田小学校 代表者・四方邦芳校長
●個人の部
 岩佐直子氏(養護教諭)

【平成29年度・親と子のよい歯のコンクール】
●最優秀賞・京都府知事賞
 常原さやかさん・常原光稀くん親子
●京都市長賞
 岡田量子さん・岡田恭依くん親子
●京都府歯科医師会長賞
 松本優子さん・松本美結さん親子

第34回京都府歯科保健文化賞表彰式

 表彰式後、恒例の「歯の健康トークショー」では、京都府歯から安岡会長、岸本智弘・公衆衛生部理事、辻耕造・学校歯科部会理事が、「よしもと漫才ライブ」に出演していた「スーパーマラドーナ」「祇園」の2組の芸人と、京都市動物園の坂本英房副園長をゲストに迎え、歯や口の健康にまつわる話題で楽しいトークを繰り広げ、来場者らも大いに盛り上がっていた。

お笑いコンビ・祇園 お笑いコンビ・スーパーマラドーナ 京都市動物園の坂本英房副園長 辻耕造・学校歯科部会理事 岸本智弘・公衆衛生部理事 安岡良介会長 毎年恒例の「歯の健康トークショー」
▲左上からお笑いコンビの祇園、スーパーマラドーナ、京都市動物園の坂本英房副園長、岸本智弘・公衆衛生部理事、辻耕造・学校歯科部会理事、安岡良介会長

●プレミアム・ニュースをもっと見る

●訃報記事


柴田勝氏(しばた・まさる=現栃木県歯科医師会会長)が5月31日逝去した。享年72歳。葬儀等については近親者のみで執り行われた。ご遺族のご意向により、供花・供物・香典はご辞退されており、弔電については栃木県歯科医師会(〒320-0047 栃木県宇都宮市一の沢2丁目2番5号 TEL028-648-0471、FAX028-648-8149)で受け付けている。また、後日、栃木県歯科医師会として会葬が執り行われる。柴田氏は昭和18年8月26日生まれ。日本歯科大歯学部卒業。
 日本歯科医師会代議員(平成15年4月~同18年3月、同21年4月~同27年6月)、栃木県歯科医師会会長(平成21年4月~現在)、日本歯科医師会副会長(平成27年6月~同28年3月)など歴任した。

●訃報記事をもっと見る

●1489コラム「ズームアップ」


国際サッカー連盟(FIFA)をめぐる汚職事件で、FIFAの関係者が逮捕され、それから1週間後にFIFAの会長選挙が行われ、批判が渦巻くなかで、ゼップ・ブラッター会長が5期連続で会長に選出された。しかし、その4日後、ブラッター会長も米司法当局の捜査対象になっていることが判明し「辞任すべき」と非難の声を数多浴びた末、同会長は辞任を表明した。世界中のサッカー関係者やサポーターが一日も早い事件の全容解明を見守っている…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●1489コラム「ズームアップ」をもっと見る

●辛口コラム「時論草論」


ここ数日は、傾いたマンションの建築偽装問題が騒がれている。
 目に見えない地中の構造であったが、上物が傾き出して露見したものである。販売会社、設計監理会社、施工会社は素早い対応を取り、苦慮している最中だ…
<続きを読む場合はログインして下さい>

●辛口コラム「時論草論」をもっと見る

 MEMBERS LOGIN

ID

PASS

パスワードを忘れたら

ユーザー情報を変更する

ログインパスワードやメールアドレスの
修正・変更が出来ます。

 NEWS SEARCH
 SPECIAL CONTENTS

★プレミアム・ニュース「京都府歯科医師会主催イベント「歯のひろば」で今年も表彰式」