書評ロゴ

妊娠中から成人するまでわが子の歯並びのすべてがこの1冊でわかります!

 最近、歯並びが悪く、歯科矯正を受けている子どもが増加中。その原因は、育て方に関係があることをご存知?

書名/夢は矯正いらず『子育てできれいな歯並びを!』
著者/倉治ななえ著

むし歯で悩む子が減ったいま、子どもの歯並びを気にかけるおかあさんが増えています。実際に小学生からの歯科矯正も増えています。「歯並びは遺伝」と思っている人は多いけれど、実際には「育て方」が子どもの歯並びに大きくかかわっていることは知られていません。
 この本では、予育てのやり方を見直したり、工夫したりすることでできる「きれいな歯並び」育ての方法を、「子育て歯科」の歯科医として多くのお子さんを診ていらした倉治ななえ先生が、その豊富な経験も踏まえてアドバイスします。
●内容
きれいな歯並びを育てるための干育ての工夫はいつから必要だと思いますか?
「歯が生えてきたら?」
「大人の歯に生えかわるときから?」
 実はどちらも間違い。答えは「生まれてすぐの授乳している時期から、永久歯がきれいに並ぶだけの十分なあごのスペースが、きれいな歯並びの絶対条件。そしてあごの骨を育てるために必要なのはあごの十分な運動なのです。
 「あごの運動って何?」と思われた方も多いでしょう。たったひとつのあごの運動が実は噛むこと」。あごの発達のためにはとにかく「噛む」ことがとても大切なのです。そしてママのおっぱいから直接母乳を飲むことは、噛むことの予行演習になっているんです。
 また、乳歯はいくらむし歯になっても、永久歯が生えてくるからかまわない、と思っていませんか?
 乳歯のむし歯も歯並びが悪くなる大きな原因。
 この本では、きれいな歯並びのベースになるしっかりしたあごの育て方に始まって、知らないうちに歯並びを悪くしてしまうさまざまな生活習慣やくせなどをあげて、それに対する対策も詳しくお教えします。
 歯並びとは関係ないと思われがちな歯磨きも、むし歯を防ぐ意味からも、いい歯並びを作るためにかかせません。赤ちゃん時代から、いつ仕上げ磨きを卒業すればいいのかまで、詳しくお伝えします。
 また、指しゃぶりのやめさせ方など、歯並びを悪くするくせや姿勢の治し方もお教えします。
 そして、残念なことですが、精一杯努力しても不正咬合(悪い歯並び)は100%防ぐことはできません。そのときはどんなふうに歯科医の力を借りればいいのかのアドバイスまで、この本ではきちんと網羅してあります。
 ぜひこれから赤ちゃんを産む妊婦さんから、成人するまで、子育て中のすべての親御さんに手もとに持っていていただきたい1冊。まさに子育て必携本です!
体裁=四六判 並製 1色192ページ
定価=1365円(税込)
発行=(株)主婦の友社

      終

 ANOTHER BOOK REVIEW

書名/食べる―生きる力を支える② 歯科医師会からの提言 『いのちと食』
著者/大久保満男・大島伸一<編>…

書名/食べる―生きる力を支える③ 歯科医師会からの提言 『3・11の記録 震災が問いかけるコミュニティの医療』
著者/大久保満男・大島伸一<編>…

書名/食べる―生きる力を支える① 歯科医師会からの提言 『生活の医療』
著者/大久保満男・大島伸一<編>…

書名/夢は矯正いらず『子育てできれいな歯並びを!』
著者/倉治ななえ著…

書名/歯がいい人はボケにくい
著者/倉治ななえ著…


 
 MEMBERS LOGIN

ID

PASS

パスワードを忘れたら

ユーザー情報を変更する

ログインパスワードやメールアドレスの
修正・変更が出来ます。

 NEWS SEARCH
 SPECIAL CONTENTS

★プレミアム・ニュース「京都府歯科医師会主催イベント「歯のひろば」で今年も表彰式」